初夏?と思うような日が続きますね。
羽毛布団をしまうタイミング、今だ!と思い、さっそくとりかかりました!
なかには、クリーニング後に保管してもらうサービスを利用される方もいらっしゃると思いますが
我が家は自宅保管です。

羽毛布団をしまう手順

これは、我が家の手順です。

まずは、天気の良い日にカバーをつけたまま表裏と1時間ずつ天日干し
(羽毛布団に湿気が含まれていると、カビやダニの繁殖の原因となるので、しっかり羽毛布団を乾燥させます)

布団カバーをはずして、カバーを洗濯する

羽毛布団を収納ケースしまう。
ひたすら、ぎゅうぎゅうと押し込み、画像の時点では、割と押し込んだ後になります。
羽毛布団収納の画像

チャックを閉めます。
羽毛布団収納の画像

フタの部分が盛り上がってますが、小さいことは気にしません(笑)
(羽毛布団は、圧縮しないほうがよいとのことで、圧縮袋は未使用)

収納用品は?

いろいろ収納用品もありますが、IKEAのSKUBB(スクッブ)を利用してます。
サイズは、69X55X19センチのタイプです。
SKUBBは、作りがしっかりしていて、白くてシンプル。
枕棚スペースもスッキリに見えるのでお気に入り。(ラベリングあり)

収納場所は、クローゼットの枕棚。
羽毛布団の上に重いものを長時間乗せると、羽毛が傷む恐れがあるので、羽毛布団の配置位置は上段部に。

SKUBBの画像
こちらの収納ケースは、羽毛布団だけでなく、毛布やタオルケットなどの寝具用品を収納しています。

片づけのプロが選ぶ収納用品

1位:IKEA SKUBB(スクッブ)シリーズ
2位:無印良品ポリプロピレンファイルボックス(スタンダードタイプ・スタンドファイル含む)
3位:ニトリNインボックス
4位:無印良品やわらかポリエチレンケース
5位:無印良品ポリプロピレンケース引出式
6位:IKEA RASKOG(ロースコグ)ワゴン
7位:ニトリ カラーボックス
8位:ニトリ ファイルボックス
9位:無印良品ポリエステル綿麻混ソフトボックス
10位:フェローズ バンカーズボックス

私が所属する「日本ライフオーガナイザー協会」で2019年6月に独自に行われた調査結果になります。
対象者:片づけのプロであるライフオーガナイザー300名

IKEA SKUBB(スクッブ)シーリズが第1位!
我が家でも愛用してますし、お客様にも提案をさせていただいてます。

現在は、コロナのこともあり、すぐに買いに行ける状態ではありませんが
ネットでも購入できます。(ただし、割高です。)
気になってる方は、コロナが落ち着いてから購入されることをオススメします。

この記事を読んでくれた方へ
何かのお役に立てたら幸いです♪